オープンセッション ソマティック「神経学 トラウマ・セラピー」

たった数分でトラウマから解放される手法

身体に触れないボディーワークソマティック「神経学 トラウマ・セラピー」は、PTSD、恐怖・不安、自己批判・自己否定、心理的障壁(メンタルブロック)など、永く忘れられなかった怖さや不安、圧倒される身動きの取れない感覚が、たった数分で軽減・解消され、過去のことになっていきます。

瞬時にトラウマ反応、恐怖反応が軽減・解消されていくので、多くの方が驚かれます。メンタルブロック、深いビリーフ・チェンジにも効果的です。

対象となる方
  • 生きづらさがある
  • 自己批判・自己否定、不安、恐怖感、感情が不安定
  • トラウマ・ストレス反応(症状)
  • 慢性的な疲労感
  • パニック、強迫観念をお持ちの方
  • これまで、傾聴カウンセリングやヒーリング、ボディワークなどを受けて、反応・症状・状態の改善がみられない方
  • 人生に変化を求めている … ビジネス、アート、スポーツ等のパフォーマンスを高めたい方
  • その他、落ち込み、うつ状態、対人関係に悩みを持つ方

どなたでもご参加いただけます。
ご家族のこと、ご自身のこと、内容・目的は問いません。

聴講のみのご参加も歓迎いたします。心理学、心理療法の知識、経験を問わず、ご受講いただけます。
初心者の方、一般の方のご参加も歓迎いたします。わかりやすくお伝えしています。

オープンセッションでは、実際のカウンセリング、コーチング・セラピーを公開しています。ご自身・ご家族の問題解決のため、他の人の問題が解消していくプロセスに触れることで、ご自身の変化のヒントやキッカケを得ようとされる方。

技法・手法や関わり方を体験することにより、セッションの向上を目的とされる心理、医療・看護、福祉関係の方、カウンセラー、セラピスト、コーチ、施術師、ボディー・ワーカー、トレーナー、マネージャー、企業家の方にご参加いただいています。

神経生理学の新しい技法を使ったセラピーが体験できる場です。自己批判、自己否定をしてしまう、わけもない不安や恐怖にかられる、ドキドキ、またはイライラしてしまう方が持つ、身体に染み付いた嫌な体感を神経系からのアプローチで軽減・解消していきます。「本来の、平穏な、私らしい状態」をまず体験することが、最初のステップです。自分自身がラクになりたい方のほか、そのご家族、支援職の方にも役立つ内容です。

※ オープンセッションは、通常のカウンセリングと条件が異なり、プライバシーが完全に守られた場ではありません。ご参加につきましては、安全な場を継続するために、オープンセッションの場で話されることを、他所にて個人を特定・推測できる話をしないことをお約束ください。個人またはご家族のことを知られたくない場合は、CSCT個別カウンセリングをご利用ください。

主な内容
  • 公開カウンセリング
  • 記憶・意識、PTSDについて(心理面と生理面)
  • グループワーク 感情の安定化
  • 応用:うつ状態 落ち込み いらいら 焦燥感 不安 心配 恐怖 緊張
  • 心理的障壁の軽減・解消
参加された方のご感想

「どうして10年以上悩んでいたフラッシュバックがなくなったのか不思議でならない。今まで辛い思いをしてきたことが、こんなに早く解決できるなんて信じられないし、もっと早く知っていればよかったと思う。こんなすごい技術をもっと世の中に知って欲しい。」

「昨年は このセミナーで 長年のトラウマを取っていただきました。目の動きの操作だけで…衝撃でした。あの日 以来人生が上向きに考えられるようになりました。介護の日でさえも… 感謝を込めて」

「根拠のない人への怖れ、見下されることの悲しみ、怖さのようなもの。頭では分かっていても、身体はいつも緊張して、疲れてしまうことが多くありました。日常的な緊張を取りたい、自分の人生を生きたいなどの目的で、IETを受けたところ、親から見下された幼少時の記憶から、はっきりとした辛い感情と体感が消え、スクリーンの中の映像へと、感じ方が変わっていきました。また、このとき、こめかみあたりの左の脳がぐりっと動く感覚があり、「脳が動いた!」と思ったら、辛い記憶が消えていました。わずか1〜2分ほどの出来事です。とても驚きました。その後、とくに生活に変化は無いのですが、人への不安度が減り、自分の心の土台が数ミリベースアップした感覚があります。ほんの数ミリなのですがこれはとても大きな違いで、とても暮らしやすくなりました。カウンセリングでは、いろいろとお話を聴いてくださいますが、とくに根掘り葉掘り聞かれたりすることもないので、自分を開示することが苦手な人に向くと思います。セラピーを受けることは、心の傷を癒すだけではなく、仕事や私生活のパフォーマンスが上げることもできると実感しています。」

いとうしんすけ略歴

東京大学など医療機関での心理臨床、精神保健福祉分野での心理カウンセリング、シンクタンクでの心理分析、コンサルテーション、幅広いクライアント層のカウンセリングにあたりながら心理学講座、ワークショップ、研修セミナー、講演講師を務めています。

臨床心理学、人格 / 発達心理学、脳神経整理学、行動分析、認知科学、学習科学、キャパシティー・ライズアップ・コーチング、コミュニケーションなど、統合心理臨床とシンクタンクでの分析と能力開発の研究結果を背景に、カウンセリング、コーチングセラピー(起業家、経営者・プロアスリート)、企業研修セミナーなど、クライアントの皆様とともに歩んだプロセスの結晶を 「ALL オーセンティシティー・ライフ・ロング」にしました。

たどり着いた結論、それは、『あなたの中にすでにすべてがある。』です。あなたは、他の誰かを追いかけることも、他の誰かと競争することも、なにか足りないと思い込んでいるものを補おうとする必要はありません。一番の道は、他の誰かが描いた未来を目指すのではなく、まず、「あなたが本当に欲しいのは・・・」「大切しているのは・・・」を思い出して、「本当のあなた」を生きていくことです。

■ 実績
開業21年目
カウンセリング:53,400 時間余
(1996年10月 ~ 2017年7月)
講演・講座/セミナー 動員:のべ 65,100名程
(1999年~2017年7月)

概 要

【開催日時】
・11月19日(日)15:00-17:00 会場:MTTC
・12月23日(土)10:00-12:30 会場:都内 目黒・渋谷周辺

※ ご相談内容により、時間が延長される場合がございます。

【会場】
MTTC (京王井の頭線 明大前 徒歩1分)

【定員】
16名

【セラピスト】
いとうしんすけ

【主催】
一般社団法人 医 心理学 マスターセラピスト・トレーニングコミュニティー

【参加費】
¥4,000-

・ 聴講のみのご参加も受け付けます。
・ 相談希望が多数の場合、一部、グループワークとさせていただくことがあります。
・ 終了後、認定「IET トラウマ・セラピスト」のフォローアップ
(テクニカル・フィードバック/パーソナル・フィードバック)を行います。

追 伸

PTSD トラウマ反応・症状の解消のために、本当に過去に立ち向かう必要があるのでしょうか。神経生理学/身体心理療法による トラウマ・セラピー、オープンセッションです。クライアント、セラピスト共に精神的な負担がほとんど掛からないないトラウマ、不安・恐怖、自己批判・自己否定、パニック障害、強迫など、神経学 トラウマ・セラピーを公開しています。

2000年以降、神経生理学の研究成果に伴って、心身相関関係を重視するアプローチ法が、飛躍的に進歩しています。特に神経生理学で解明されてきたストレス、記憶、神経伝達物質のメカニズムは、PTSDの他、心理的障壁(メンタルブロック)の解消や深いビリーフ・チェンジ、慢性的うつ状態の回復と再発予防など、有効な方法が多く生み出されています。

出来事について話したくない場合、お話が出来ない場合にも対応できるサポートを体験することができます。

ページ上部へ戻る